忍者ブログ
このブログは株式会社トミーウォーカーが運営するPBW、シルバーレインで活動する天宮家の三人(凛、漣、羽衣)が繰り広げる日常っぽい何かを書き綴る共通ブログです。 シルバーレインを知らない。またはこういったものは苦手という方は回れ右することをお勧めします。 そういうのが大丈夫で、天宮家の誰かを知っている方は気軽に立ち寄ってくれると嬉しいな。
[33]  [32]  [31]  [24]  [20]  [19]  [18]  [15]  [13]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

羽衣「メリークリスマス&お誕生日おめでとうございます、凛様、漣ちゃん♪」
凛「ん。メリークリスマス。そして…」
漣「えへへ、お祝いありがとうなのです、羽衣姉さんっ♪」
羽衣「今日はお二人の為に、つたないながらケーキを作ってみました。今はまだ冷やしている途中なので、後で一緒に食べましょうね♪」
漣「はゎっ、う、羽衣姉さん…お料理できたですかっ!?」
羽衣「うふふ、実は出来たんですよ?…まだまだ見習いですけどね」
凛「羽衣はそこの誰かと違って比較的家事も手伝ってくれるからな。そこの誰かと違って」
漣「うぅ、そんなこと言われてもっ…。カジはカジでも、レンがお料理すると
火事になっちゃうかもですよっ?」
凛「家事違いだ、ばかっ。…はぁ。それにしてもこの時期っていっつも迷うんだよなぁ」
羽衣「あら、何に迷うんですか?」
凛「メリクリと、誕生日おめでとうを一度に言われるから、どっちに反応していいのやら…メリークリスマスで互いを祝ってるのに、いきなり誕生日おめでとうで自分だけが祝われる側になるのが困惑っていうか…」
漣「凛、細かすぎっ…」
凛「漣が一緒にいるときは漣にお祝いの陳謝をさせるんだけどなぁ…」
漣「…はっ!?この時期はいつも凛が隣にいると思ったらまさかそんな計算があったなんて
キョーガクの事実なのですっ!」
凛「というか、漣は一人に時に言われたらどう対応するんだ?」
漣「Σ普通に流されたっ!?んと、レンは普通に返してるよ?」
凛「むぅ、そうか…」
羽衣「ふふ、双子でもこういう微妙な感性の違いはあるんですね」
凛「そりゃ、な…。というか今まで漣と同じ感性だと思われてたのが心外だっ!?」
漣「レンは凛にそんなこと言われてるのが心外だよっ!?…と、驚きつつ、実はレン、羽衣姉さんと凛の方が感性的には近いのかなって思ったりですっ。」
凛「してその心は?」
漣「羽衣姉さんと凛は、一蓮托生…というか土蜘蛛時代からの付き合いだし。…あれ?でも付き合いの長さならレンの方が長いです?えと、そうじゃなくて…こう、むむむぅ、なんだか言葉にすると難しいですっ!」
凛「ん~。まぁ、言いたいことはわからないでもないな…」
羽衣「つまり私と凛様は一蓮托生ってことですね?」
凛「いや、なんか違わないかそれ…?」
羽衣「そういえば、土蜘蛛時代…で思い出したんですが、最近ようやく羽衣を強化できたんです♪」
凛「あぁ、僕が渡した(という設定になってる)、【天宮の羽衣】?」
羽衣「( )の中はあえてスルーです♪」
凛「そういえば、ずっと能力の修正値で迷ってたもんな」
羽衣「そうなんです。あと…メガリスで天女の羽衣が出てきてしまったので、アクセとして出しづらかったのもありますが…結局、メガリスで存在するって事は、天宮家に伝わる羽衣は偽物ってことですか?」
凛「ん~……一概にそうとも、言えないんだけどな」
羽衣「それはまたどうして?」
凛「要は、あの手の話は全国津々浦々…下手すれば世界中にありふれた話だってこと」
漣「ですですっ。伝承とかのタグイは、人がいるだけ生まれてくるですからっ。」
凛「まぁ、怪異や伝承、その他この手のものは風習や環境が似た場所に似た話が出来るからな。…物語ってのは常に偏在していて、遍在してるんだ」
漣「凛、なんだか無駄に格好良いセリフが言いたいだけなんじゃ…」
凛「言わせてるのはお前らだっ。ともかく、シルバーレインが存在し、事実を偽りで塗り固めているとしたら、似た伝承物がいくつかあっても不思議じゃないってことっ。それに、確か…小説版では月からの使者がいるだろ?それはつまり、羽衣が月と地球を結ぶ交通手段であった可能性も否定できないわけだ」
羽衣「あぁ…だから、一概に偽物とも言えないと」
凛「……まぁ、ぶっちゃけ偽物の可能性も高いけどな」
漣「なんだか最後の最後で台無しっ!?」
凛「さて、小難しい話はもうやめにして、そろそろ羽衣の作ったケーキの試食といこうか?」
羽衣「な、なんだかちょっとプレッシャーです。お手柔らかにお願いしますね?」
漣「Σしかも二人とも普通に流されたっ!?」
凛「おーい、漣。ケーキ食べないのか?」
漣「た、食べるですっ!ちょっと待ってー!……うぅ、やっぱり羽衣姉さんと凛の方が感性的には近い気がします…!」




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
rin
性別:
非公開
自己紹介:

天宮・凛
永輿宮キャンパス
中学1年D組
年齢:13歳
性別: 男
血液型:O型
誕生日:12/24
星座:やぎ座 
職業:科学人間×月エア



天宮・漣
千尋谷キャンパス
中学1年C組
年齢:13歳
性別: 女
血液型:O型
誕生日:12/24
星座:やぎ座 
職業:従属×ハート



天宮・羽衣
冷泉蛟キャンパス
高校1年9組
年齢:16歳
性別: 女
血液型:?型
誕生日:8/20
星座:しし座 
職業:土蜘蛛×魔剣



-----------------------

この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は各イラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。

-----------------------
バーコード
ブログ内検索
P R

Copyright © 月ウサギの眠る場所(仮) All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]